便秘を改善するには乳酸菌の摂取が重要

便秘とは、3日以上排便がなく、便が長時間腸内に留まり、水分が吸収され排便機能が低下して、排出することが困難な状態のことを言います。

便秘には2種類あり、機能性便秘と器質性便秘があります。機能性便秘は、便が作られる過程や排便の仕組みに障害がある便秘のことをいい、器質性便秘は、腸そのものによる通過障害や排出障害で引き起こされる便秘のことを言います。

便秘になってしまうと体や肌の調子が悪くなります。腸の中に腸内腐廃物が溜まってしまうと体内に吸収され、肌まで運んでしまい、肌荒れや吹き出物ができたりしてしまいます。また、お腹にガスが溜まりお腹が張って腹痛が起きてしまいます。

便秘を改善するためには、乳酸菌を摂り入れることが重要になります。乳酸菌は、乳酸を作る細菌のことなのですが、腸内まで生きた状態でやってきて、乳酸を作ってくれることで腸内運動を活発にしてくれ、溜まった便を排出しようとサポートしてくれます。

乳酸菌は腸内で善玉菌を育てて、悪玉菌を増殖を抑制してくれるので、栄養分の消化と吸収を促し、免疫細胞を活性化させる作用もあります。

 

善玉菌をカスピ海ヨーグルトやサプリで増やしたい

善玉菌とは腸内に生息している細菌です。健康維持に大きな役割を果たしていることで大きな注目を集めています。

その善玉菌の代表格であるのが乳酸菌です。乳酸菌は昔から良く知られていますね。飲料などで手軽に摂取できるので、皆さん一度くらいは乳酸菌入りの飲料を飲んだことがあるのではないでしょうか?

ピンポイントで善玉菌を摂取したい方にはやはりサプリがお勧めです。余計なカロリーを摂取しないで、栄養だけ摂取できます。ダイエット中でも気にしないで飲むことができます。

善玉菌サプリの中で人気の商品はカスピ海ヨーグルトが作られる乳酸菌入りのものです。ヨーグルトなどの乳製品が苦手な方、カスピ海ヨーグルトを作るのが面倒になった方などに好まれています。

さらにビタミンなどの栄養素も含まれているのでありがたいサプリです。

腸の健康は体全体の健康へとつながります。腸の健康維持に欠かせない善玉菌が増えるような食事やサプリを日頃から意識したいですね。

 

免疫力のカギは腸内環境にあり

免疫とは私たちの体に入り込んだ細菌などの異物を攻撃し排除する仕組みのことで、今ではこの免疫力が腸内環境に左右されることはかなり知られているのではないでしょうか。

でもその一方で免疫の役目を持つ免疫細胞の実に6割が腸内で生み出されている事実を知る人は少ないかもしれません。つまり腸内環境の状態が私たちの「カラダの要」と言っても過言ではないのです。

これは医学的にも根拠のあることで、最近の免疫学でも注目されています。研究の結果、腸内環境の良し悪しは腸内フローラと呼ばれる腸内の細菌の分布が重要なことが明らかになりました。

免疫細胞が作られる過程で、腸内の細菌が大切な作用を及ぼしていることが分かったからです。そこで腸内環境を整えるにはどうすればいいかというと、実はあまり難しくはありません。今はhttp://腸内環境サプリ比較ランキング.xyz/の情報は有り余るほどあります。

食物繊維や発酵食品を多く取ればいいからです。今ではヨーグルトや納豆、めかぶなどの食品はコンビニでも簡単に購入できます。その気になれば忙しくても今日から腸にいい食事ができるのです。